茶碗を持ち上げない中国人_なぜ持ち上げてはいけないのか

上海エッセイ食事お酒>茶碗を持ち上げない中国人

 テレビの番組で、おいしそうな中華料理を食べてコメントしている日本人をみた。たくさんの料理と、茶碗のご飯。左手で茶碗を持ち、右手に箸を持つ。ごく自然な姿のように見えるが、実はこれ、中国ではマナー違反。コップ以外の食器は、たとえ茶碗であってもテーブルから持ち上げではいけない。

 先進国で食器を持ち上げてもOKの国は少ない。だが日本ではOK。この違いはなぜか?私は、日本が畳に座る文化であったため、「匙の文化」を取り入れたのが遅かったからだと考える。

 匙がある国ではスープ類を飲む(食べる)のに、いちいち食器を持ち上げないでいい。熱いスープを飲むとき、匙で温度調整をすることができる。ところが、匙の導入に遅れた日本では、お碗にいれたスープを直接口に持っていかざるを得ない。そのまま飲むと熱いから、ふうふう吹くか、ずるずるっと音をたてて空気と一緒に吸い込むしかない。

 日本人は食器を直接口まで持ってくるのに抵抗がない。畳に座って食事をするには、食器を持ち上げる必要があったからだ。椅子に座る文化を広く受け入れた現在でも、日本ではお碗に限らず、平皿でも持ち上げて食べる人が多い。

 ところが昔から匙のある国では、状況が違うのだ。中国ではご飯をいれたお茶碗であっても持ち上げてはいけない。結果として、食べ物を口に運ぶ際、やや前かがみになるのだが。

 似ていても違う日中両国。テーブルマナーにはやはり気をつけたい。

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海