中国のタクシーの乗り方

上海エッセイ交通機関>タクシー

 上海に旅行で行ったり、短期出張で行くのなら、市内の移動にはタクシーを使うのが一番カンタン。慣れてくると地下鉄、バスも使えるようになるが、路線や料金システムに関する知識が必要。バス料金はタクシーの10分の1以下だが、土地感が身に付くまではお勧めしない。

 その点タクシーは、行き先さえ告げれば行ってくれるし、言葉が話せなくても文字に書いたり、地図を見せれば連れていってくれる(英語はほとんど通じない)。料金も運転手の横に表示されるメーターの読みのまま払えば良い(初乗り10元)。チップも不要だ。

 日本のタクシーと違うのは、運転席にプラスチック製のカバーが付いていること。善良で安全な乗客が乗ってくるとは限らない。まわりは誰も信用しない中国らしい姿だ。

 乗客側も運転手が果たして善良な運転手かどうかわからない。タクシーに乗ったら、面倒でも運転手の横、助手席前に掲示されている許可証の番号を控えておきたい。万一トラブルがあった場合、当局に連絡するようになっている。許可証番号を書きとめる真似をするだけでも、「下手なことはできない」という無言のプレッシャーを与えることができる。レシートも必ず受け取っておこう。

 タクシーに乗ったときに知っておいたほうが良い言葉は、右折、左折、ここ。それぞれ「(ワン)ヨウグアイ」「(ワン)ツオグアイ」「チャーリ」と言う。また、最近はプリペイドカードが普及しているので、現金かカードか聞いてくる。現金なら「シェンジン」。

 タクシー運転手にはかなりばらつきがある。上海は黄浦江をはさんで、浦東、浦西に二分できるが、浦東で拾ったタクシーは浦西を良く知らなかったりする。2度ほど乗客である自分たちが、「ここで高架に乗って、そこの出口は左」と道案内をしなければならないことがあった。

 車体の痛みがひどいうえに道は悪く、ガソリンスタンドも日本のようにたくさんは無いので、途中でガス欠になったという笑えない話しもある。上海で信頼がおけると思われているのは、水色の車体の大衆(ダーツン:衆の字の簡体字は傘の上半分のような文字)や、小豆色の強生タクシーなど。料金はタクシー会社に関係無く同じ料金体系なので差は無い。

 大きな国際会議など、中国の威信がかかっている行事では、関係者、プレスなどのために専用にタクシーが割り当てられる。乗客が余計なところに行かないためと、優秀なタクシーを印象付けるためであることは容易に想像できる。

中国タクシー

中国のタクシー。運転手保護のカバーが付いている。

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海