中国のお茶の容器

上海エッセイ文化・習慣>お茶の容器

 中国人がよく飲むお茶。ここではお茶の容器の話しをしよう。常にお茶を飲むためには、常に手元にあることが必要だ。そこでお茶を容器に入れて携帯するわけだが、この容器が面白い。

 日本でなら水筒に入れるところだろうが、ここ中国では、たとえばインスタントコーヒーの空きビンなどを利用する。タクシーの運転手も、運転席の「お茶容器ホルダー」にこれを入れている。飲むときはおもむろにふたを開け、直接ビンのふちに口をつけて飲む。

 はじめはびっくりしたが、これがなかなかすぐれモノ。まずなんといってもたっぷりのお茶が入る。ガラスなので残量がわかる。減ったらまたお湯を足す。入れっぱなしにしているお茶の葉は、容器の3分の1ぐらいに開いている。見たわけではないが、夜には葉を捨てて洗い、次の朝に新しい葉を入れるのだろう。口が広いので洗いやすい。これが水筒だと、こうはいかない。

 スーパーでステンレス製の容器を売っている。日本と同じくステンレスの二重構造になっているが、口が広くふたがついており、使い方はコーヒーの空きビンと何も変わらない。

 それにしてもお茶ほどにはコーヒーを飲まない中国人、どこからコーヒーの空きビンを持ってくるのだろう?

PC画像

お茶の容器買う?

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海