中国の秋のお菓子_月餅(げっぺい)秘話

上海エッセイ文化・習慣>月餅

 十五夜お月さんとくれば、月見団子。中国の十五夜は、もちろん旧暦の8月15日にお祝いする。感覚としては、日本がお盆に故郷に戻るような感じで、この日、中国では家族や親戚が集まる。

 中国ではお団子ではなくて、月餅を食べる。中秋節(8月15日)が近づくと、お土産用の月餅が店頭に並ぶ。日本の食べ物で一番近いのは饅頭かも知れない。中に入れるあんは、いろんな種類がある。白あん、黒あん、卵で作ったあん、ココナッツあんなど。外側の「皮」も、カステラ状の広式(広州)の他に、パイ生地のような蘇式(蘇州)、京式(北京)などがあるらしい。中には「日式(日本式)月餅」というのも売られている。どんなものか、一度買ってみようかとも思う。

 中国人に言わせると、これは饅頭ではなく、ケーキなのだそうだ。新鮮なものがよいとされ、よい月餅の見分け方は、表面を押してみること。やわらかければ新鮮でおいしい月餅だ。起源には諸説あって、クーデターを起こすときに、決行日を書いたメモを饅頭の中に入れて配ったとも言われているが、単に丸い形が、一家団欒の象徴だから、という説もある。

 値段はピンキリで、一個ずつバラ売りになっているのは、2〜3元からある。一番多いのは一個5元前後。これが贈答用の箱入りになると、4個入りで100元など、急に高くなる。聞いた話では、会社などが配る、超高級品になると、4000元以上するものもあるらしい。どんなにすごい月餅か、と思えば、月餅自体はごく普通のもので、付属品のナイフとお皿が純銀製になったりするのだそうだ。

 そんなものもらってどうするんだ、という気もするのだが、なんでも大げさになるのがお国柄。

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海