上海出張の掟

1.文化、対人関係の掟

人前では絶対に叱り付けない。
叱るときは、他の人の目が届かないところで、二人きりになったとき。
ほめるときは、他の人の前でほめる。
(面子を大事にする国民性)

定時になったらさっさと帰宅するのが常識
日本のようにだらだら職場に残り続けるのは非常識。
残業して欲しいときは、前もって言っておく。
帰りに、会社のバスで帰る人が多いので。
本人の帰りの足があることも確認すること。
(ほとんどは中国人同士でうまく調整できる)
顔が似ていて漢字を使うが、外国人
仕事に対する価値観は、日本人より、アメリカ人に似ている。

年上は大切にされる
老人ほどよいとされる。
最近ではそれほどではないが、昔は女性でも年上に見られるほうが良いとされた。
日本では通じる「お若いですね」のほめ言葉は、「年齢の割りに幼稚ですね」ととられかねないので、相手の反応を見て使い分ける。
特に男性への場合に注意。
最近の女性は、若くいわれて喜ぶ人も増えている。

中国人は、給料の話なども普通にする。日常会話。
「昨日何食べた?」と同じ感覚。タブー感覚なし。
日本人がたくさん給料をもらっているのは世界的に有名。
給料が多い話になったら、直接には答えないで笑ってごまかす。
代わりに日本の物価の話をする。
例にあげるなら、映画館の入館料の話など。高すぎるので驚く。同情される。

タバコを勧められたら
たとえすわなくても、もらっておく。
タバコを差し出すのは友好の挨拶と同じ。
「友達になりましょう」といわれて、それを無視する(タバコを受け取らない)のは宣戦布告と同じ。
女性にタバコを勧めることは普通はない。

中国人は大声で話す
(不正をしていない証拠に大声で話す)

食事の接待を受けたときは、最後の皿に手を付けない
(接待が足らないと思われて次の皿が出てくる)

お茶は葉っぱごとコップに入れて出す。
茶葉が沈むのを待ってから飲む。歯をうまく使ってこして飲む。
(良い葉を使ってますよ、と客に見せる)

次の掟へ

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海