上海出張の掟

3.食事の掟

飲食物
暖かくして食べるのが基本。飲み物も、基本的には熱い状態で飲む。
冷たいウーロン茶を期待してはいけない。
どうしても冷たいお茶を飲みたいなら、コンビニやスーパーで自分で買っておく。
まともなレストランで、「冷たいウーロン茶」など頼んではいけない。
ラーメン「麺」は簡易食で、まともなレストランでは出さない。
チャーハンも位は下。家庭料理に入る。レストランでは出すところもある。
その代わり餃子は位が上。水餃子が基本。
焼き餃子は位が下で、レストランでは普通出さない。
白いご飯は頼めば出てくる(米飯)。

朝食、昼食には粥も食べる。晩御飯では粥は食べない。

お茶
お茶は中国人は大好き。おいしい。
コーヒーは中国では飲まないほうが無難。
どうしてもおいしいコーヒーが飲みたいなら、
スターバックス、上島コーヒー
に行くしかない。

日本のラーメン
高級料理として中国の「麺」とは別扱い。

食事のマナー
絶え間なく話し続けることが良いとされる。
正式な食事になるほど時間をかける事。2時間はかかる。
席順は一番奥が主賓(第一ゲスト)、主賓の左にホスト、ホストの左に第二ゲスト。
ホストの反対側(入り口)に第2ホスト、その隣が第三ゲスト。
あとは適当でいい。
最初にホストが自分の取り箸でゲストの皿に料理を取り分ける。
主賓が箸を付けるまでだれも食べられないので、
乾杯の挨拶の後、ホストが皿に料理を盛ってくれたら、食べる。

次の掟へ

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海