みあーるじぇん北京
北京大学短期留学奮闘記

中国北京大学短期留学

家族も仕事も日本に残し
北京大学短期留学奮闘記

 分からないところを質問すると、一所懸命に説明してくれるのだが、説明の中国語のほうが難しくて「不明白」。「じゃあ、休み時間ですので、気楽に話しましょう。」と、授業中より10倍難しい質問をマシンガンのように浴びせてくる老師。同学たちと連日連夜の予習復習。

 2週間の中国、北京大学短期留学は、毎日の授業についていくのがやっとであったが、同学、老師やスタッフ、その家族、売店のおばちゃん、公園のおじいさん、店員の兄ちゃんたちとの交流は、やはり「現場」でないと味わえないものだ。

 授業が終わったら、さっそく習った単語や文法を使いに街にでる。はじめは聞き取れなかった中国語が次第に分かるようになる。テキストだけでは読み取れない、中国人の感覚や考え方に触れることは、帰国後の学習にも少なからず役立つのだ。

→ ★はしがき

→ ★北京大学短期留学概要 いざ北京大学へ_準備編 留学には結局いくらかかったの?

→ ★ 1日 2日 3日 4日 5日 6日  7日A 7日B 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日

PC用日記はこちら(セキュリティーが高いと見えない場合があります)→

→ ★あとがき

→ ★リンク集

→ ★ブログ

→ ★上海夜会トップページへ

中国旅行、中国語教材は→しゃんはい屋

2005年6月19日作成

Copyright(C) since 2005 Kazunori Maeda. All rights reserved.

KeriMaeda上海