イギリスのリサイクル

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)制度・教育>イギリスのリサイクル

 ナイフでリンゴを剥いて食べる。剥いたリンゴの皮と一緒に、ナイフもゴミ箱に捨てたら、びっくりするでしょう?生ゴミと金属ゴミを一緒に捨てるなんて、信じられない!って。

 日本のすばらしい再資源化システムに慣れ親しんだ後では、イギリスの無頓着さには理解しがたいものを感じる。それでも最近はまだマシ。イギリスのゴミの分別、昔はそれはひどかった。何でも一緒に捨てる。分けるとすれば、一般ゴミと粗大ゴミとに分けるぐらい。古いベッドとかそういうもの。さすがにゴミ袋に入らないからだ。

 説明では、集めたゴミを業者が選別することになっているらしいのだが、怪しいものだ。集められたゴミは、使わなくなった炭鉱に捨てたりするという。そりゃ、あれだけ掘った穴だから、ちょっとやそっとのことでは満杯にはならない。それでも最近はやっとリサイクルの方向に向きつつある。さすがにゴミ問題を無視できなくなってきたのだろう。

 ところが、「誰かに言われて」「させられる」ということにすごく抵抗を感じるイギリス人。押し付けられたゴミの分別などまっぴら。日本のように、月曜日が燃えるゴミ、第3金曜日が粗大ゴミで、第1金曜日が有価物回収などといったら、もう誰も守らない。

 そこで考えだされたのが、一箇所に集めた回収場所。Bring Siteと呼ばれている。駐車場のような場所に、紙、ゴミ、ガラス、金属、粗大ゴミの置き場があって、車でぐるりと一周すると全部捨てられるというもの。イギリス人はこういう合理化(手抜き?)が得意だし、理解しやすい。

 それに比べると我ら日本人は、何と器用なことか!複雑なゴミカレンダーを巧みにこなし、ゴミの分別にかける情熱たるや世界トップクラスだ。

 先日、職場で紙の分別をしていた時のこと。会社のルールに従い、紙の厚さと大きさで何種類かに分けて回収場所に持っていった。そこにあったのは「紙再資源化」と大書きされた回収箱。さっき分類したばかりの紙の束を、同じ回収箱にどさっと投げ入れた。


イギリスエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales