ブルシット

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)英語>ブルシット

 Bull shit(牛のうんち)と書いて「ボーシ」のように発音する。「うそ、まやかし」などの意味のスラングだ。イギリスではたいてい怒りとともに発せられる。

 アメリカに出張したときのこと。ある問題が生じて相手先に謝罪の文章を書かねばならないことがあった。だが、費用的な問題で、相手が要求しているような対応はできない。

 ところで、イギリス人は、言い訳がとても好きで、しかもうまい。一日の仕事の半分は、言い訳を言い、聞き、書いて、読む時間に充てられる。イギリスでみっちり言い訳の修行をした私は、習得した技術をフルに使ってその文章を書くことにした。

 手紙の下書きができたので、アメリカ人の同僚に見てもらった。一通り読んだ彼は、「これはとても良いブルシットだ」といってくれた。彼にいわせると、牛の糞尿が、だらだらと長いように、ウソや言い訳も、だらだらと長い、というのがブルシットのもともとの意味だという。なるほど、言い訳がいっぱい詰まった私の文章は、確かに長い。

 また、「いかにも何かやってくれそうなことを並べ立てているのに、何一つ約束をしていないところがすばらしい」ともいった。最後に彼はこう付け加えた。「ケリー、きっと大統領になれるよ」。ボーシッ!


英語上達の近道はこちら。正しい英語習得リンクはこちら

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales