英国のカクテル

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)パブ>英国のカクテル

 もとyamatoさんのご要望に応えてかっこよく英国のカクテルについて書こうかと思ったが、これといってネタが無い。だけど思いだしたのでちょっと書いてみる。

 英国で考案されたカクテルは多い。カクテルに使うお酒もよく売られている。何々首相が愛飲した何々、という話も多い。いわれてみれば、パブにもカクテルを作るお酒や道具が置いてあったような気もするが、一緒に行った連中がカクテルを注文しているのを見た記憶がない(例外はスネークバイトぐらい。作ってくれなかったけど)。

 一般的に英国人はビールをよく飲む。たとえば、ウィスキーの醸造所で働いている人でも、仕事が終わればビールを飲む(理由はビールのエッセイを参照)。

 それでも、たまにはカクテルを飲む。レストラン、特にエキゾチックな雰囲気が売り物の今時のレストランには一応、置いてある。正統派(?)のカクテルに混じって、「なんだそれ?」っていう名前のものがあるのも日本に似ているところ。職場の連中と飲みに行ったとき「オーガスムス」という名前のカクテルがあるのにはおどろいた。

 意地悪心をだして、女の子に、「オーガスムスって英語、どういう意味だ?」って聞くと、(日本人だから知らないんだ)と思ったのか、一所懸命に、耳まで真っ赤にしながら説明しようとしてくれる。白人の女の子は、肌が透けるからか、本当に真っ赤になるからかわいらしい(礼儀を知る紳士諸兄は決して私のまねなどしないように)。

 ウィスキーの話しになるが、英国人の多くはシングルモルトより、ブレンドのものがおいしいと考えている。シングルモルトは、その味がストレートに出る反面、味の深みだとか、そういうものが足りないと感じるようだ。最高の材料を最高の組み合わせで真価を引きだすのがブレンダー。ブレンデッドウィスキーは、だからおいしいのだと考えられている(もちろん、英国にもすばらしいシングルモルトと、それを愛する人たちがいる)。

 一時期、日本ではシングルモルトがもてはやされたことがある。日本人は平気でウィスキーを水割りにするくせに、シングルモルトをありがたがるという不思議な性質を持つ。

 日本人のようにお酒を他のものと混ぜたがる民族と、そうでない民族がある。中国人は、混ぜない。混ぜているのは悪い酒だと考える。そのくせ、南の地方では、ワインでもウィスキーでも、サイダー(レモネード)で割る。信じられない味がする。アメリカ人もウォッカをトマトジュースとスパイスで割ったりする。われわれ日本人も混ぜるのが大好き。だけど、日本酒だけは混ぜないようですね。

 英国人も、ビールとサイダー(リンゴ酒)、ワインとレモネード、なんていう感じで、混ぜた酒を楽しむ。あ、やっぱり結構飲んでますね。


イギリスウェールズエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales