イギリス人は時間にルーズ?

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)職場>イギリス人は時間にルーズ?

 イギリスではなかなか思うようにことが進まない。時間には遅れる、約束の期日はすっぽかされる。「なんで遅れたんだ!」と問い詰めても、ぐだぐだと言い訳を聞かされるのがおちだ。

 海外に行く前に先輩に聞いた、ためになるたとえ話し。

 場所はゴルフ場。あなたはひとりで、イギリス人を待っている。約束の時間になっても相手はやって来ない。「何で来ないんだ!」と日本人ならつい思いたくなるが、そういうときは目の前の自然に目をやり、「ああ、久しぶりに人生に付いて考える時間ができたんだな」と喜ぶようにすれば良い、と。

 このたとえ話しは、あとで大変役に立った。私はもう少し長くイギリスにいたなら、哲学者になっていたかもしれない。

 イギリスが誇る都市間交通の要、インターシティー。カーディフ駅からロンドンへ、1時間に一本の割りあいで発車する。

 これがまたよく遅れる。待てど暮らせどやって来ない。ホームを見まわすと、いらいらしているのは日本人だけ。大勢のイギリス人は新聞を読んだり、おしゃべりしたり、一向に慌てた様子が無い。

 どうせ、「私は時間通り行ったのに、列車が遅れたんだ」と言い訳をすれば、すべて許されるからだろう。

 イギリス人は我慢強く、そして寛大だ。


それでも時間通りを貫きたいあなた、日本は携帯でも海外では腕時計が便利

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋

イギリスウェールズエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales