難しい英単語を使う

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)英語>難しい英単語を使う

 ウェールズ人と仕事の話しをしていたときのこと。相手が言ったことが分からなかったので、聞き返してみた。「それって何?」「つまりこの問題の解決は難しいってことだよ。」「じゃあ、難しいって言えば良いじゃないか。そんなヘンな単語使わないでよ。」

 そのウェールズ人によると難解な英語を使う人には敬意を払う(admire)べきだ、という。難しい単語を使う人は学問があって、エライ人だというわけ。

「じゃあ、相手が分からなかった時はどうするんだ?」「同じ言葉を3回怒鳴る(shout)」。どうも敬意を払う気になれない。

 本当に頭の良いウェールズ人、英国人は、こちらが聞き取れなかったと察すると、すぐに別の言葉、分かりやすい言葉で言いなおしてくれる。「あの件は和解に達した、つまり平和的に解決したってこと」。

 ちょっと話しがそれるけれど、よい英文の条件の一つに、同じ言葉を何度も繰り返さないというのがある。あまり単語を知らないんだ、と誤解されたくないからかもしれない。

 だからといって難解な単語を連発するのも、文章の基本、分かりやすく伝えるということにならないので注意が必要だ。


英語上達の近道はこちら。英語習得リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales