変な日本料理、変なイタリア料理

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>変な日本料理、変なイタリア料理

 私が帰国した後ぐらいからイギリスのスーパーでパックに入った寿司が売られるようになったという。初めの頃こそ食べられてものではなかったが、最近では日本人にもなかなかイケル味、食感になっているそうだ。

 日本食レストランは以前からあるのだが、海外で食べる「日本食」のうち、いくつかは日本料理とは呼びがたいものも含まれる。数年前、日本料理認証制度みたいなのをやろうとしたとき、大きなお世話とばかりに猛反発を受けボツになったことがある。日本料理と呼称することの是非はともかく、現地で工夫がされたり、味付けが変わったっていいじゃないか。おいしければ。

 たとえば中華料理は現地で手に入る材料をうまく使って展開し、成功している。もともと机以外の四ツ足のものは何でも食べるという、広東料理のたくましさ、発想の豊かさが、今日の中華料理の広がりを実現させたのだろう。アメリカの中華料理屋に行くとフォーチュンクッキーなるものが出されるが、これは中国で見たことがない。強いて言えばその昔、月餅という丸いお菓子の餡に、秘密の手紙をいれてクーデターを図った、という故事が残るぐらい。

 さて、変則的料理は、わが国、日本にもある。先日スペイン語講座でなるほど、と思ったのが、たらこスパゲッティー。イタリア人が見たらびっくりするでしょう、とのこと。そうでしょうね。イタリア人達が来て「たらこスパゲッティーはイタリア料理にあらず。」なんて言われたって、それこそ大きなお世話じゃないか。


ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales