浄水器

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>浄水器

 最近、ポット式の浄水器の宣伝を日本でも見るようになった。実に懐かしい。いくらで売っているかは知らないが、イギリスでは10ポンド(約2000円)前後だった。

 イギリスに住んでいたときは、この形の浄水器にずいぶんお世話になった。浄水器は水を注ぐ上部と、浄化した水を溜める下部に分かれていて、真ん中に水をろ過する活性炭などのフィルターがある。

 宣伝でやっているように、水がおいしくなったか、といえば「効果の感じ方には個人差があります」というレベル。それでもやらないよりは安心感がある。フィルターは一定の使用回数で交換するように、と説明書には書いてあるが、交換した記憶はない。

 水は生活の基本だけに、どのように使うかは人によって違う。「口に入る水は買ってきたミネラルウォーターしか使わない」人もいれば、「水道水をそのまま飲んでも平気」という人もいる。まわりの日本人でも、炊飯に使う水にまでミネラルウォーターを使う人、どうせ熱を加えるんだし、と水道水で炊く人とさまざまだ。イギリスの水は体に良くないんだ、と意見をいう人もいるが、実際どうなのかは私には分からない。

 必要以上に神経をすり減らして結局他の病気になるのもいやだし、かといって何もしないのも不安という、私のようにどっちつかずの人にはお勧めのポット式浄水器だ。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales