やってはいけないポーズ

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)文化・習慣>やってはいけないポーズ

 ついうっかり、ということは誰にでも経験がある。文化が違えば、タブーも違うので、更に注意が必要だ。共産圏で、制度や政治問題をむやみに口にしたり、それ以外の国でも宗教、家族の話題など、ほかの国では許せてもその国ではだめ、というのは結構多い。

 ここではその中から厳選して、イギリスでやってはいけないポーズの代表的なものを紹介する。なぜ、やってはいけないポーズなのかについては、このページは子どもが見ても大丈夫ということにしているので、説明を差し控える。よいこのみんなも、やってはいけません。

1. 相手を侮辱するポーズ

 野菜売り場に行って、「大根を二本ください」というときについ出してしまう指。これがまずいけない。手のひら側を相手に向けていればまだ良い。"ピースサイン"と同じということで。これとまったく同じカタチでも手の甲側を相手に向けてしまうと大変なことになる。男性の場合はけんかを売っているのと同じだ。女性の場合はもっと大変な誤解を招いてしまうことになる。

 どうしても出してしまう人は、せめて、2本の指を密着させるようにする。これを更にすすめて2本の指を互いに巻きつけるようにすれば、"クロス・フィンガーズ"といって、"グッド・ラック"と同じ意味になる。映画"ロッキー"の何作目かで、難手術を待つ少年が、少年との約束を果たすため戦っている、テレビに映っているロッキーに無言で"クロス・フィンガーズ"をして見せるシーンなどはジーンときてしまうところだ。

 "クロス・フィンガーズ"の方は英米共通だが、指二本の方はイギリスだけで通じる。アメリカで使われる同じ意味のポーズは中指を突き立てるというものだ。特殊な場合、わざと二本指を使うこともある。約束の時間に約束の事柄をやってくれなかった同僚に"あと2時間以内にやってくれ、2時間だ"と半分本気で怒っているんだぞ、ということを伝えたい時などだ。

指(PC用画像)

2. "私はホモです"のポーズ

 両手を腰にあてて立つ。このとき、手の甲側を腰にあてると、(肩から腕、反り返った手の指のカタチが、ちょうど壺やポットの取っ手のようなS字になる。)これがまたいけないポーズである。疲れたときについやってしまいそうなあなた、ちょっと手首を返して手のひら側を腰にあてれば大丈夫です。

 更に片手の手の甲側を腰にあてながら、もう一方の手を壁にもたれかけさせたり、あるいは、間違っても相手の肩に回したりしてはいけない。危険度が更に高くなってしまう。

 あなたが、そのように望んでいることを表現したい場合にはそうしてください。私は責任を負えませんのであしからず。

 言い忘れましたが、指で数字の"2"を表現したい場合、人さし指と中指のかわりに、親指と人さし指を立てれば大丈夫です。親指から"一、二、三、四"と立てながら数えるのは一般的な数字の数え方です。このときも相手に露骨に手の甲側を向けるようなことはしないほうがいいでしょう。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales