フォーマルとカジュアル

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>フォーマルとカジュアル

 年末年始は、日本でもおでかけの機会が多くなる。イギリスでは、クリスマス関連のイベントが目白押しで、とても仕事なんかしているひまは無い。

 友達の家に遊びに行くのならともかく、パーティーの招待を受けたような場合、"何を着ていくか"は、重要な問題だ。フォーマルすぎてもいけないし、カジュアルすぎでもダメ。そこで、無用なトラブルを避けるため、パーティーの招待状には何を着ていくべきか、助言している場合もある。

 あるパーティーの招待状。「服装はインフォーマルで」となっている。「ん?インフォーマルって、つまりどんな服?」。

 さてここで問題です。イギリスでインフォーマルな服装とはどんな服でしょう?答えは日本で言うビジネススーツです。

 そうとは知らない私は、日本人の同僚に聞いてみた。だが彼ももうひとつはっきりしない様子。「ネクタイいるのかなあ?取りあえず普通の服を着ていって、皆がネクタイしていたら僕達もしよう」ということで、話しがまとまった。会場で慌ててポケットからネクタイを取りだしたのは言うまでも無い。

 インフォーマルがスーツなら、フォーマルは何かというと、燕尾服(礼服)。ノーベル賞を受けた田中さんではないが、普通の人はそんなの持っているはずが無い。セミフォーマルでタキシード(略礼服)なのだ。

 ランクを落としてカジュアルはというと、やっとこれが平服。おでかけの時に着る服。ジャケットを羽織ったりする。Gパンは残念ながらカジュアルに入らない。カジュアル以下の扱い。イギリスでちょっとしたレストランに入るとき、"デニムお断り"といわれる事がある。ジーンズはデニムの一種。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales