「普通」という日本語

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)文化・習慣>「普通」という日本語

 「○×総理の行動は理解しがたい。普通に考えると怠慢としか言いようが無い。」というような記事を目にした。「普通はこうするのが当然でしょう。」、「皆、こうしています。」、「世間一般には許されない行為だ。」。

 結構。ところでその普通、皆、世間一般って何でしょう。

 「自分はこう思うので、あなたもそう思うべきだ」という以心伝心の押しつけ、あるいはその発言を通して、自分はそのまっとうな「普通の」グループに属すということの主張ではないか。

 ある人が「私は私のことを普通だと思うが、どうかね」と聞いてきたのでちょっと驚いた。普通と言えば普通、普通ではないと言えば普通ではない。「普通」というグループに属していさえすれば、安心できるのだろうか。

 「普通」と言う言葉をイギリス人が全然使わないわけではないが(例えば"Generally speaking"など)、あんまり多用すると「こいつ、自分の意見が無いんじゃないか?」といぶかしがられたりする。「私はこう思う」という言葉を先に持ってくることのほうが多い。その後で相手の意見を求める。

 自分の意見を述べることと、相手の言い分を聞かない、というのはまったく別の話しだ。自分が言いたいことだけ言って、相手の言うことを聞かない人は、文化の違いを超えて嫌われる。ちなみに"They say・・・"と言う場合は、「自分はそうは思わないんだけど」というニュアンスが含まれることが多い。

 話はそれるが、海外の会社で会議をすると、とても時間がかかる。日本ではある程度時間が経ってくると、誰からともなく、話をまとめて結論付けしようとする人が出てくるが、海外では、なかなかそうならないからだ。自分の意見を述べ、相手の意見を聞き、お互いの意見の違いを認め合う。無理に合わせなくったって良いじゃないか?

 一方、日本はと言うと、遠慮は美徳、自分の意見は言わない。これが年齢を経るにしたがって、突然、自分の意見を主張するようになり、どういう訳か相手の意見などまったく聞かなくなる。不思議だ。全然関係無いけれど論語によれば、"遠慮"と言うのは、「先々に起こることを前もって考えた上で」主体的に起こす行動であって、「はしたないと思われるのがいやだから手を出さない」という意味とは随分違う。

 試しに会話に出てくる「普通は」や、「皆」をその発言者を主語に「私が思うに」と置き換えてみてはどうだろうか。意外に違和感無く、よりわかりやすくなるのではないか?

 日本文化を大切にする。その上で他の文化との比較を常に意識することが、自分の文化をより大切にすることにつながるのではないでしょうか?普通は。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales