青信号の英語のなぞ

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)英語>青信号のなぞ

 ブルーシグナル、じゃ無いんだな、これが。

 テレビの宣伝で"シグナル・ブルー"という言葉が聞こえてきてびっくりした。聞いた人が、これが正しい英語だと思い込んだらどうするんだろう?

 答えは"a green light"。信号機はシグナルじゃなくて"a traffic light"。シグナルって言うと、手旗信号みたいな感じかなあ。違ってる?

 問題は、青と緑。

 最初に日本に導入された信号機は、オリジナルと同じ緑色のレンズだったそうだ。だけど緑信号ではなくて、なぜか青信号と呼ばれ、ついでに信号機の色自体も、徐々に青っぽく変わってきたらしい。どこでもいい、今度外国に行く機会があれば、その国の"青信号"の色を、日本の物と比べてみて欲しい。

 他にも、青野菜は"green vegetable"、といった具合に、見事に入れ替わっている。なぜか?

 日本人は、青が好きだから。うん、私はろくに調べもしないまま、そう言いきってしまおう。

 一説によると、日本では古来より、白、黒、赤以外の色は、すべて青と呼んでいたという。

 これもテレビの受け売りだが、証拠があるそうだ。色を形容詞として使う場合、赤い本、白い灯台、とは言っても、緑い野菜、とか、黄い線、なんては言わないでしょう。必ず、緑色の野菜、とか、黄色い線という様に、「色」を後につけなければならない。「色」を付けずに、いきなり「い」を後に付けられる色が、日本古来の色の呼び方だ、という説だ。

 だから、緑色信号も私達日本人にとっては、青信号に見える、というわけ。

 同じ物を見ていても、違うように見えるのは、ひとみの色の違いのせいだけではなさそうだ。


ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英語上達の近道はこちら。

英国商品リンクうぇーるず屋


 

イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales