イギリスの散髪(男性)

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>イギリスの散髪(男性)

 イギリスの床屋を一言で言うと「安くて雑」。日本のは「丁寧だが高い」。主に男性用の床屋は「ヘアカット」、ユニセックスのいわゆる美容院は「ヘアサロン」と呼ぶ。

 日本語でも「5分刈り」などというように、髪の毛の短さは数字で表現する。ナンバー4がスポーツ刈り、"クルーカット"ともいう。数字が小さいほど短い。ナンバー1がもっとも短く、ナンバー4がもっとも長い。バリカンの"くし"を取り替えて長さを調節する。「バリカン」はフランスのメーカー名。イギリスでは、単に「マシーン」と呼んでいた。(米語ではクリッパー)。

 クルーカットは、アメリカからロックンロールと共にイギリスに「輸入」された呼び名。(船の)乗組員crewが語源らしい。関係無いけどイギリス人がよく使うことば、"I haven't got a clue about it!"「そんなのさっぱりわからないよ!」の"クルー"はもともと糸玉、糸口のこと。

 イギリスの床屋にはいったら、ぼんやり座っていてはいけない。「自分より先に来ている人と、後から入ってきた人をちゃんと覚えておく」ことが、おきてだ。席が空くと「ネクスト・プリーズ」と呼ばれるので、その場にいる人を見まわして、次は自分の番だと確認してから席に着くこと。

 「髪の毛洗いますか?」と聞いてくれるが、日本と違って髪を切る前に洗髪してしまうのがイギリス式。洗髪→散髪の順だ。これでは散髪が終わった後に切った髪があちこちにべったり付いてしまうのだが、イギリス人はちっとも気にしていないようだ。日本式にしてもらおうと思うなら、「先に髪を切って、その後で洗ってくれ」と頼まないといけない。

役立つ英単語

後ろ:back
横:sides
上:top
前髪:fringe
もみあげ:sideburns。

後ろを刈上げる:tapered
刈上げない:square
前髪と上はあまり短くしたくないとき:trim、tidy-up。

 さて、イギリスのすべてのものと同様、床屋の腕にも相当なばらつきがある。

 月曜日、床屋で髪を切ってさっぱりして会社に行ったときのこと。

「よう、ケリー、髪切ったんだね」
「ああ、そうだよ」
「どこで切ったんだい?つまり、私はどこの床屋を避けなきゃいけないか知りたいってことなんだけど」

 失礼な!


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales