ウェルッシュホーキングセンター

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)カーディフの食べる・泊まる・遊ぶ>ウェルッシュホーキングセンター

 ウェールズには本格的な動物園はないが、動物と触れ合うことができる施設はいたるところにある。ハリーポッターでなくてもフクロウを操れる、ここウェールズホークセンターもそのひとつ。

 ホーキング(Hawking)は鷹狩。タカなどの鳥類だけではなく、ほかの動物もたくさんいる。放し飼い状態のウサギやニワトリを小さい子供が追いかけて、「ウサギ追いし、かの山〜」って感じ。

 ポニーに乗ったりもできるが、やっぱり一番は鷹狩。一日に数回、鷹狩体験の時間がある。その時間に広場にいくと、すでにたくさんの人が集まっている。参加したい人(主に子供)は、日本式の"1"のように人差し指を高くあげる。(イギリスの教室で先生に当ててもらいたいときは、こうやって指を立てることになっている。映画ハリーポッターのハーマイオニーをよく見てみよう)

 さて、係りのおじさんのところに集まると、次は肩から腕へ通す皮製の保護具をつけてもらう。おじさんが合図をすると、近くの木の枝からタカやフクロウが飛んできて子供の腕にとまり、次の合図で自分の手から飛んでいく、という具合。毎日やっているだけあって鳥たちの"仕事ぶり"は見事だ。

ウェルッシュホーキングセンター(PC用画像)

Welsh Hawking Centre and Children's Animal Park: Barryのすぐ近く。A4226沿い。
Wyecock Road Barry South Glamaorgan CF62 3AA
, Tel:+44 (0)1446 734 687


英国への旅リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales