和食で暮らす英国

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>和食で暮らす英国

 英国に住む事になった場合、いくつか心配なことがあるだろう。食事もそのひとつ。はたして英国で和食を問題無く食べ続けることができるのだろうか?

 答えはイエス、アンド、ノー。さすがに日本と全く同じというわけにはいかないが、工夫次第で限りなく近づけられる。

 健康ブームもあって、英国人にもより身近な存在になった日本食。寿司が食べたいぐらいなら、英国のスーパーでパック寿司が売られている。紙パックに入った豆腐もチーズ売り場の横などに並んでいる。

 ロンドンはもちろん、ウェールズのカーディフにも日本料理店があり、日本人だけでなく英国人にも人気がある。

 食材も手に入る。カーディフの日本人補習校には、毎週日本食材を満載した車がやってくる。お米(カリフォルニア米)や冷凍食品のほかに各種食材、チクワからお菓子まで売っている。これを利用するだけで、日本とほぼ同じ食生活を維持することができる。

 車に載る種類には限りがあるので、好みのブランドが必ずあるとは限らない。どうしても、というなら、ロンドンまで買い出しに行くことになる。いうまでも無いが欲を出すほど出費が増える。日本からの"輸入食材"は、もちろん高い。3倍から5倍ぐらいはする。昔、日系のスーパーが盛んだったときに、「ヤ○ハン貧乏」という言葉があった。あまりに依存しすぎて、収入のほとんどを日本からの輸入食材に費やすこともある。

 お金を掛けずに和食で生活するためには、たとえば中華食材店を利用する。お米もあるし、餃子の皮や野菜、缶詰が利用できる。日本と全く同じではないが、いろいろ試して好みの味を見つけるのもいい。「出前○丁」などのお袋ラーメンがある。5種類ぐらいの味があって、ビーフ味、カレー味の出前○丁など、日本ではお目に掛かれないものまである。

 英国のスーパーでは牛肉は売っていてもスライス肉は無い。特別に頼めば、牛肉をスライスして売ってくれる中華食材屋もある。これですき焼きも安く作れる。

 なかなか手に入らなかったのはごぼうぐらい。一説によると、ごぼうは食べ物とは認識されず、木や草の根と同じ扱いになって植物検疫で引っかかるからだそうだ。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales