リバプール

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)イギリスの旅>リバプール

 期待が大きすぎるとがっかりすることがある。そういう場合、「期待しすぎた自分が甘かった」と思うようにすれば、腹も立たない。

 ビートルズファンでなくても、リバプールと言えばビートルズ。さぞやビートルズ一色の街だろうと思い込んでいたが、実際に行ってみると「さびれた大きな港町」という感じだった。

 せめて「ビートルズ博物館」に行きたいと思っていたのに、ちょうどその日は日曜日。安息日だから、閉まっていて当然。これぐらいで頭に来るようじゃ、人間がまだまだ。

 リバプールはもともと小さな漁港だった。やってみたら大もうけした奴隷貿易。集まったカネが、お隣りマンチェスターで産業革命を引き起こした。今度は植民地相手の貿易港として、リバプールはまた潤った。

 産業革命で発生した貧富の差。新天地"アメリカ"を求めて労働者が海を渡ったのもここから。

 タイタニックは、リバプールのホワイトスターライン社の客船。アイルランドで建造され、サザンプトンから新天地アメリカへ移民者を運ぶはずだった。

 リバプールも、時代の荒波にもまれる運命にあった。

リバプール(PC用画像)


ビートルズを訪ねる英国への旅リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales