時間通りに来てよね!

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)職場>時間通りに来てよね!

 W杯カメルーンチームが随分遅れて御到着。きっと関係者は振り回されて大変だったのだろう。

 でも、日本以外の国では、ものごとが予定通りには行かないこともまた常識。

 時間通りに来ないからといらいらするのは、相手に「時間通りに事を進めるのがあたりまえ」という日本の常識を、無意識のうちに押し付けているからだ。

 "国際交流を"と望むのなら、相手国の事情、文化をよく知り、自分達と異なる文化を許容できる懐の深さも大切であろう。

 イギリス人も約束には遅れてくるし、ひどい時にはすっぽかされることもある。

 時間を守らないイギリス人に、約束の時間を守らせる方法。

 「6時集合」というと、イギリスでは6時プラスマイナス30分のことで、だらだらと集まる(実際には、早く来ることは無い)。「6時ちょうどに」はat six o'clock sharpという言い方をするが、ぜんぜんsharpじゃない。

 ところが「6時15分集合」、というとこの許容差が半分の15分になる。6時から6時半までぐらい。6時15分集合といわれると、どういうわけか6時45分には来にくい。

 さらに時間を刻んで、「5時55分集合」というと、許容差が一挙に5分以内になる。何か切羽詰まった感じがする。

 この話しをイギリス人にして聞かせたところ、「なるほど。もっともだ」ということになって、次の待ち合わせのとき、「5時55分集合」ということにした。

 果たして、全員時間どおり集まった、たぶん。なんと言い出しっぺの私が遅れてしまったのだ。(泣)


私みたいに遅れないために。正確な腕時計はこちら

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告 英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales