オリンピック

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)文化・習慣>オリンピック

 オリンピックのテレビ中継で、自国の選手を応援するのは実に自然なことだ。ヨーロッパの衛星放送で見るとさらにおもしろい。ドイツ、フランス、スペイン、イギリスと各国の放送を同じ受信機で見られるものだから、チャンネルを次々に変える指が止まらない。日本でも、各国の放送がテレビで見られるようになるとおもしろさも倍増だろう。

 日本では、日本選手が活躍する競技を中心に放送する。そうでない競技は、あまり映像にならない。

 イギリスに限らないが、いろいろな国の放送が同時に見られる環境では、あまりなじみがない競技を見ることができるばかりでなく、各国の競技実況放送を聞き比べる楽しさもある。たとえば陸上競技などは、同じレースで、ドイツ人が一位、イギリス人が二位になったとすると、ドイツ語放送では、当然"ぶっちぎりで一位です!"とかいう風になるし、イギリスの放送局のものでは、"実に惜しい、あと一歩、あと一歩でした"となる。どちらでも良い日本人の目からすると、どうひいきめに見てもあと一歩ではなかったりする。

 スポーツは、適度の興奮であれば、自国への愛情がわく素晴らしいものだ。

 イギリスでは、多分に興奮が行き過ぎるようである。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales