パブクロール

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)パブ>パブクロール

 クリスマスパーティーなどの特別な日には、ウェールズ人といっしょにパブからパブへとはしごをすることがある。パブのはしごを、"パブ・クロール(pub crawl)"といったりする。

 クロールは、水泳のクロールと同じつづり。「這う」という意味で「飲んで酔っ払って、道を這いずりまわるようになるまで飲む」という意味らしい。相当の量を飲むことを覚悟しておかなければならない。(そう言えば、日本語では、どうしてはしごっていうのだろう?)

 「ちょっと一杯」という言葉があるが、パブ・クロールでは、本当に一軒につき一杯ずつ飲んではしごすることもある。飲んではとなりのパブへ、また飲んでとなりへ、と渡り歩くうちにどんどん酔いがまわるというわけだ。

 日本の酒場と違い、立ち席が多いこと、料金が前払いであることもあって、次々とまわる。うっかりしていると、おいてきぼりにあうこともある。"あれ?デイビッドは?"、"さっきまでいたよ。二軒前ぐらいまで"。

 ウェールズのシティーセンターには無数のパブがある。パブクロールで迷子になったときは、自力で追いつかねばならない。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales