ランダバウト、信号機

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)車・乗り物>ランダバウトと信号機

 イギリスの道路の特徴的なものとして、ランダバウト(roundabout)がある。(ところで、日本と同じく車は左側通行です。)

 一言で言うと、ロータリー式交差点。交差点の中心にある"島"の周り(about)を回って通る(round)というものだ。信号機がなくてもスムースに右左折、直進ができる。ある一定の交通量までであれば渋滞もなく、きわめて快適に通行することができる。まあ、慣れるまでにはちょっとかかるけれど。

 日本では車で交差点を通るとき、たとえば右折するときには、直進車、左折車優先というルールがある。「右折する場合に、その交差点で直進か左折をする車があるときは、自分の車が先に交差点に入っていても、その進行を妨げてはならない。」

 イギリスでも信号機がある交差点では日本のルールとほぼ同じだ。

 ちなみに、イギリスの信号機は日本のものと比べて大きく二つ違う所がある。

1.まず、イギリスのものはずいぶんと低い位置に取り付けられている。実際には高さでどれだけの差があるのだろうか。あるいは日本の交差点は、渡りきるまでにすべてを読み取るのはほとんど不可能かと思えるほどに幾重にも取り付けられた道路標識等により、あまりにごちゃごちゃしているために本来より高く見えているだけかもしれない。

2.次に、日本の信号が、赤から突然青に変わるのに対して、赤→黄赤→青というように、途中に黄色と赤が同時に点灯する組み合わせが入る。このおかげで「もう信号が変わるかな?」と、進行方向以外の信号が赤になったかどうか、わざわざ覗き込む必要がない。

 歩行者用信号機もちょっと違っている。横断歩道を歩行者が渡るとき、車は必ず停まらなければならない。特に交通の激しい所にはペリカンと呼ばれる歩行者用信号がある。

 さて、話をランダバウトに戻そう。ランダバウトでのルールは、現在交差点を走っている車が優先権を持っている、という極めて簡単なのもだ(早い者勝ち)。実際には、ランダバウトに入ろうとするときに、自分の右側から来る車があれば停まっていなければならず、なければランダバウト内に入っていいと言うことになる。

 誰も走っていなくても赤信号であれば交差点に入れない日本と違って、交差点(ランダバウト)の中は、常に何台かの車が走っているから、渋滞にはなりにくいわけだ。

 下の図で、あなたの車が緑色の車だとすると、自分の右手からオレンジの車が来ているので、その間は停車しなければならず、オレンジの車が通った後はランダバウトに入って良い。ランダバウト内では自分の車が優先権を持っているので白い車は停まってくれる。(図中、車に付いているマークは、青が優先、黄色が注意、赤が停止しなければならないことを示す)

 ランダバウトから出る時には、方向指示器を出す。主要なランダバウトの各々の出口には地名などを書いた案内標識があるから、それを見ながら通れば道に迷うことがない。たまに、「ここかな?ここかな?」と探しているうちに一周してしまうことがある。さらに混乱すると、ぐるぐる回って方向感覚が麻痺してどうしようもなくなることもある。イギリスは一般に天候が悪く、東西南北がとても分かりづらい。

 ランダバウトは単独で存在するとは限らず、二つ以上が重なっている場合もある。二つ以上だと、スパゲティーランダバウトと言うらしい。さらに複雑になって、中心に大きなランダバウトが、それを取り囲む複数のランダバウトがあると、サテライトランダバウトとなる。さらにこれらが重なる場合もある。こうなると一度入ると出るのは不可能と思われる、ミラクルランダバウトになる。(ほんとかな?)

 イギリス人から聞いた話なので、どこまでが本当か分からないが、フランスのランダバウト(rond−point)は、ランダバウトに入ってくる車に優先権があるそうだ。したがって交差点にはがんがん車が入ってくる。ランダバウト内の車はその度に急ブレーキを踏む。事故は多いし、気が弱い人は出るに出られず、ぐるぐると回り続けなければならないらしい。

 有名なパリの凱旋門の周りも、大きなランダバウトになっている。あまりに事故が多いため、ここで事故に遭っても保険は下りないという話だ(前出イギリス人)。実際に訪れてみると、確かに事故が多い。

信号機(PC用画像)


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales