セーラー服と機関銃、改め軍隊

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>セーラー服と機関銃改め軍隊

 春はなにかこう、新しいことがスタートする気分に満ち溢れている。桜咲く4月、新学期、新入学にまさにぴったりの季節だ。ところが、4月に学校がスタートするのは日本だけ。欧米では9月が新学期の始まりだ。

 なぜ日本だけ4月始まりなのか。戦前、軍隊の募集時期は、欧米にならって9月だった。軍隊に優秀な人材を採用するのは国策として重要なこと。そのため、一般の学校は、軍隊の募集時期と重なるのを避けるために、4月始まりにした。

 セーラー服が女子の制服になったのは、男子が陸軍の制服をモデルに学生服を作ったので、それじゃあ女子は海軍風で、という理由だったという説もある。セーラー服の起源は軍隊にあったわけね。セーラー服を考案したのはイギリスに留学経験を持つアメリカ人、福岡女学院校長のエリザベス・リー。1921年のことだった。

 イギリスで流行していたセーラー服ブーム、動きやすくて快活なイメージから発想を得た。セーラー服はもともとは体操着として開発された。スカートのひだも、女学生がスポーツをしやすいようにと工夫されたものだ。

 百科事典マイペディアによれば、セーラー服の年表は次のようになる。

1857年:セーラー服がイギリス海軍の制服になる。
1872年:日本海軍の制服になる。
1864年:英エドワード王子が用いたことから子供服として大流行。
1880年代:欧化熱盛んだった日本で上流階級の子供服に。
1885年:のちの大正天皇が着用。一気に普及始まる。
1930年代:スカートと組みあわされ女学生の制服として用いられる。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales