イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>雪

 イギリスは寒い。サハリン(樺太)と同じ緯度にある。雪も相当降るのではないかと思われるかもしれないが、少なくともウェールズ、カーディフではたいして降らない。雪が積もるぐらいに降るのは年間でせいぜい2〜3日ぐらいだ。

 メキシコから流れてくる暖流のおかげで、緯度の割には暖かいためだといわれている。

 2〜3日のことではあるが、雪が積もれば積もったで大変なことになる。誰もが雪に対する準備がいいかげんだ。

 まず、車。スタッドレスタイヤはおろか、誰もタイヤチェーンすら持っていない(かくいう私もだが)。したがって、道路は大混乱。カーディフでは見た目以上に道路の起伏がある。車がどこに走っていくか(滑っていくか)は運次第?という状況になる。

 私が住んでいたソーンヒル地区は、高台にあったので、家の前のドライブウェイから、メインの車道に出ることすらできない日があった。会社まで歩いていくと2時間ぐらいはかかる。職場の先輩に頼んで迎えに来てもらったことがあったが、それでも途中までは歩いていかなければならない。車が入ってこられる所まで歩くこと一時間。さらに雪の中、迎えを待つこと一時間かかってしまった。(結局2時間を必要とした。もちろん先輩には大変感謝している)

 除雪車もカーディフで2台あるはずだといううわさを聞いたことがあるが、ついに実物を見ることはなかった。あったとしても2台じゃねえ。

 家の庭で"かまくら"を作ったこともある。庭は広いので、たいして積もっていなくてもかき集めれば小さなかまくらを三つ作ることができた。生まれてはじめて作ったが、結構面白かった。子どもも大喜び。

次の日にはもう溶けてしまっていたけれど。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales