イングランド、ウェールズの最高峰、スノードンと忠犬伝説

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)ウェールズの旅>スノードン山と忠犬伝説

スノードン登山鉄道山と湖の国、ウェールズ

イングランドとウェールズとの最高峰、スノードン山。登山度鉄道で、標高1085mの頂上まで登ることができる。英国で一番観光客が多い山といわれ、降水量も多い。

眼下に美しい湖を見下ろすスノードン山。美しい自然だけがこの山の魅力ではない。

ケルト文化と伝説の国、ウェールズ。ウェールズ語話者も多い北ウェールズにそびえる、この山の伝説をひとつ紹介する。

この国を治める、プリンス・スラウェリンには、忠実な愛犬、ゲラートがいた。

ある日、スランウェリンは、愛犬、ゲラートに自分の息子の番をさせて、大好きな狩りにでかける。

狩りから戻ったスラウェリンは、ゲラートの口の周りが血だらけになっているのを見る。ベビーベッドにいたはずのプリンスの息子はいなくなっていた。

激怒したスラウェリンは、ゲラートを殺してしまう。そして、ああ、時はすでに遅すぎた。血まみれで横たわる狼の死体のそばに、泣いているプリンスの息子を見つけたのだ。

プリンスは、そのときやっと気付いた。勇敢に狼と戦い、わが子の命を救ったゲラートを、自らの手にかけてしまったことに。

この伝説は、スノードン山南麓の町、ベドゲラートの名前に因んだ、後世の創作だと言われている。

Snowdonia National Park, Wales

公式サイト(英語)Travel for kids, Snowdonia National Park

この近くの観光地:地下水力発電所エレクトリックマウンテンスレート博物館


ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国旅行リンク英国への旅

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズエッセイ目次に戻る KeriMaedaWales