食事のマナー、スープの食べ方

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>食事のマナー、スープの食べ方

マナーと聞くと、何かこう、堅苦しい感じで、特に食事のマナーとなると、「食事ぐらい好きなように食べさせてよ」と、言いたくなる気持ちも判る。が、マナーと言うのは、その地域の文化や、生活の知恵などが何世代もかけて蓄積されてできたものであるので、知っていて損をするものでもない。

食事のマナーのうち、ここで取り上げるのはスープ。これをどうやって食べるか。ここで紹介したいのは次の二つ。

1 音をたてて吸い込まない。

2 スープ皿は持ち上げない。

簡単そうでしょう。だけどそうじゃない。

はじめはスプーンでスープを口に持っていくのだが、熱くていきなりは飲めない。それでズズっと吸い込む。知らず知らずのうちに前かがみになり、スープの皿の上に顔を近づけていく。スプーンはスープ皿と、いまやその真上に来た口の間を忙しく往復する。ついには面倒くさくなってスープ皿を持ち上げて口に持っていき、ズズっと音をたてて飲みたくなる。

これは、われわれ日本人が、それこそ何千年の歴史の中で培ってきた味噌汁の飲み方が(味噌汁がいったいどれくらいの歴史があるか本当は知らないのだが)、とにかく、椀を持ち上げて音をたてて飲むことを良しとしているからだ。

しかし、郷に入っては郷に従え。ローマではローマ人がするようにせよ。イギリスでスープを飲むときはこれをやっちゃいけない。

でもなんで〜?という声もあろう。そう、そこには理由がある。なぜ?と思うことが大事だ。3歳の子供なんて、朝から晩まで「な〜に?どうして?」の連続。なぜと思わなくなったときに、人間は成長が止まると言っても良いだろう。

巷にマナーの本、というのは数あるものの、このなぜ、どうしてそうしなきゃいけないの?という事について親切に回答しているものはなぜか少ない。

味噌汁と、スープの最大の違いは、スプーンを使うかどうかである。

スプーンを使えば、スープ皿を持ち上げる必要も無く、また、音をたててズズっと吸い込まなくても良い。つまりスープをスプーンですくう。いきなり飲んじゃダメ。熱いでしょう?空中で一呼吸置く。スプーンは金属でできていて、底が浅く作られている。これは、熱い液体を効率良く冷ますためにこのような形態をしているのである。熱伝導と熱伝達ね。

そして適温になったな、と思うころに、おもむろに口に持っていく。どう?こうすればズズっと吸い込まなくて良いでしょう?

これに対して味噌汁はスプーンを使わない。椀を口に持っていって、ズズっと空気と一緒に吸い込む。試したことは無いが味噌汁をスプーンを使って(音をたてずに)飲むとしたら、やっぱりおいしくないだろうなあ。

以上が、音をたてない、スープ皿を持ち上げない理由だ。どう?こうすれば背筋もちゃんと伸びて、音をたてずにお上品にスープが飲めるでしょう?

ついでにスプーンはスープ皿の中に突っ込んだままにしてはいけない。スプーンが熱くなっちゃうでしょう。スプーンが熱くなっちゃったら、空中でスープを冷ますことができない。じゃあどうするのか。スープは大抵、スープをいれた皿が、もう一枚別の皿に乗って出てくる。スプーンは、この下になっている皿の上に乗せておけば良い。これで熱くならない。

イギリス人の女性に聞いてみた。もし、スープ皿を持ち上げて飲んだらどうなるか。"ママに頭をたたかれる"と言う答えであった。


英国生活はじめるためのリンク集はこちら

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales