聖人の日_セントデイビッドデーとは

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)年中行事>聖人の日

 イギリス、と一口に言ってもその中身は主にイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという"国"に別れている。これは、日本が北海道、本州、四国、九州に地理的別れているということととは根本的に違う意味を持っている。

 それぞれに、人種、文化、歴史が違い、現在でも言葉や流通する紙幣が違う所もある。ウェールズもウェールズ語というこの地域でのみ通じる言語を持っている。一ポンドコインもそれぞれの国によって裏側のデザインが異なるという徹底ぶりだ。

 これらの違いはまた別に述べるとして、ここではそれぞれの国を守っている聖人(Nationalsaint)について述べたい。それぞれに聖人を祝う日が設定されている。

聖人 聖人の日
England Saint George 4月23日
Ireland Saint Patrick 3月17日(休日)
Wales Saint David 3月1日
Scotland Saint Andrew 11月30日

 こうやって見ると、スコットランドを除いて気候の良い春に集中しているのがわかる。イングランドの聖人はSaintPaulじゃなかったのですね。キリスト教とは直接関係ないのかも知れない。場所によってはさらにその地域の聖人が存在する場合もあるそうだ。

 アイルランド、北アイルランドともに3月17日は休日になるという気合の入りかただ。もちろん、ほかの国、イングランド、ウェールズ、スコットランドは休みでもなんでもない。この現象はイギリス内にとどまらない。アメリカ、ニュージャージーの知人によればニューヨークでもこの日はアイルランド人によって大々的なパレードが行われ、街中がアイルランドのナショナルカラー、緑一色に染められるそうだ。

 この例でもわかるように、それぞれの国では異なった休日(バンクホリデー)が設定されていて、ウェールズは今週は休みだけれど、イングランドは平常どおりといった現象が起こる。

 さて、我がウェールズのSt.DavidDay(セントデイビッドデー)であるが、この日は休みでこそないが、ウェールズ人は胸に国花である、ダフォデル(daffodil:らっぱすいせん)か、リーク(Leek:西洋ねぎ)のミニチュアをつけて学校や職場に行く。ウェールズに住んでいてもイングランド人はそんなことはしない。


花とギフトのリンク集 はこちら

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales