セントポール大聖堂

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)ロンドン見物>セントポール大聖堂

 ロンドン中心部からテムズ川沿いに東に走ると、目の前に巨大な建物が迫ってくる。セント・ポール大聖堂だ。

 バチカンに並ぶとも言われるヨーロッパ教会建築の傑作と呼ばれる。建築そのものだけではなく、地下の礼拝堂にある、著名人たちのモニュメントも必見。

 ドーム真下に眠るネルソン提督。彼は戦死したときのために、机の後ろに棺を準備していたという。棺は、戦いで沈めたフランス船のマストから作られていた。彼の遺体は、まずフランスのブランデーに浸され、次にワインの中に浸されてイギリスに帰ってきた。

 ドームに目をやると、反対側の回廊で話される声が聞き取れるという、ささやきの回廊がある。ストーンギャラリー、ゴールデンギャラリーにも登ることができる。

 もともとこの地は、古代に巨石が置かれたと伝えられる。後に女神ダイアナを祭る寺院が建てられた。ウェストミンスターに建てられたアポロ寺院と対を成すように。サクソン人により最初に建てられた大聖堂は675年に全焼。その後も再建と焼失を繰り返し、略奪、破壊の歴史が続く。

 1666年のロンドン大火災で破壊された後、現在の大聖堂が建てられた。1675年に工事が始まり、1710年に完成した。

 PC用画像セントポール1 PC用画像セントポール2


英国への旅リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales