私と英語_2)英語が話せるようになる3項目

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)英語>私と英語2)英語が話せるようになる3項目

 私が勧めるのはNHKのラジオ講座。騙されたと思って一年間聴いてみてください。聞き流すだけではだめ。テキストを声を上げて読む(音読)、ラジオの音声にあわせてシャドウイングをする、という工夫が必要。なかなか英語が耳に入ってこないなあ、と思ったら、MP3プレーヤーなどに録音して、一週間、同じ文章を聞き続けることも必要。そして、声に出すこと。発音できる言葉なら、必ず聞き取ることができます。聞き取れないのは、発音ができていないからです。

 英語を勉強するのって大変。欧米人と自由に会話を楽しんでいる人を見ると、どうやったらあんなに喋られるようになるんだろう、って思いませんか?

 日本の義務教育では少なくとも3年間は英語を勉強します。あんなに苦労してテスト受けたのに、単語もがんばって覚えたのに、英語を話せるようになった気がしないのはなぜか?

 「そうだ、小学校から勉強したらいいんだ」という流れみたいですけど、そういうことを考える人って、きっと英語ができない人だと思います。

 英語をマスターするのは、時間よりも集中力。ノンネイティブで英語を話せる人は、少なくとも今までに一度、死に物狂いで、ご飯食べるのも、寝るのも忘れるぐらいに勉強した時があったはずです。人によっては3ヶ月だったり、半年だったりするでしょう。早い人は一ヶ月だったのかもしれません。

 それで、英語の「コツ」さえつかめれば、後は単語を増やすだけ。

 文法を例にとると、他の言語に比べて、英語はとても簡単です。例えば、

1)現在、過去、未来を明確にあらわす助動詞や分詞構造が発達していて、使い方も簡単。
2)名詞に性がなく、冠詞や形容詞が変化しない。
3)語順には純然たる「正しい語順」があるものの、日常会話では多少のずれや欠落は大目に見てもらえる。

 パッと思いつくだけでもこれだけあります。

 英語を勉強する環境が無尽に、限りなく無償に近い状態であるというのも、他の言語に比べると大違い。英語の難点は、つづりと発音が一致しない点。これぐらいですね。

 英語を喋るための必須3項目。

1)テクニック。語学習得は、声を出すこと。テキストを音読し、ラジオの音にあわせてシャドウイングをする。これが一番の近道でしょう。文法は大事だけど、文法だけ知ってても喋られません。

 でもテックニックだけではだめ。そうですね。重要度は1割ぐらいです。

2)伝えたいことがあること。テクニックよりこれが大事。英語で何を伝えたいか、自分の考えをまとめる力、伝えたいという熱意があるかどうか。これさえあれば7割は喋れたようなものです。

 英語を話すためには、考えをセンテンスにまとめる力、日本語の力も必要。意外ですか?

 私の身の回りを見ても、通常日本語で話している内容以上のことを英語で話せる人なんかいません。日本語で面白い話ができる人は、英語でも笑い話ができます。まじめ一徹の人が話す英語は、まじめな英語です。日本語に説得力のない人は、英語にも説得力はないです。

 上述の「小学校から英語」案に同意できないのはこの理由から。まずは自国の言葉をマスターする。立派な日本人としてのアイデンティティー、考え方を確立する。それからでいいのです。外国語は。

3)度胸。のこり2割は間違いを恐れない度胸です。「私の英語を理解できない欧米人はきっとバカだ」ぐらいの気位でちょうどいいです。

 こういう私も中学の頃は英語が大の苦手。英語の先生があまり好きではなかったから。どれくらいできなかったかというと、文章の中にbe動詞と一般動詞が同時に存在しても、なんとも思わないぐらい。ただ当時、「NHKのラジオ講座を毎朝聴きなさい」といわれて、これだけはずっと続けた。英語にコンプレックスをもったまま工業高専に進んだら(学友には申し訳ないけど)周りの学生はもっと英語ができなかった。相対的に私が「英語の優等生」になり、さらに担当の教授がノリのいい人で、「前田君は英語できるから、留学の試験受けてみたら」。

 聞けば以前、英語ができることで有名な歌手も留学したという制度。今のようにお金を出せば短期留学できるような時代ではなく、留学の試験を受けて合格すると、「その道の機関」からお金がでて留学できるというもの。一年間すべての費用が出る上に、自由に使える70万円の「お小遣い」つき。お金のない学生にとって、当時の70万円は夢のような"大金"だった。

 このとき、一緒に受けることになった友人と、競い合うように勉強した。「昨日何時まで勉強した?」「1時まで」。なら俺は今夜2時まで勉強するぞ、って言う感じ。

 試験には二人とも見事不合格。各都道府県に合格者が一人でるかどうかという狭き門だとは、後から聞かされた話し。

 英語教授の「策略」は、二人の「少しはマシな学生」を生み出した上、そのうちの一人に、逃した70万円がくやしくて、「いつか自力で海外に行ってやる。しかも人の金で」というとんでもない野望を抱かせるほどの効果があった。


英語上達の近道はこちら。英語習得リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales