タワーブリッジ

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)ロンドン見物>タワーブリッジ

 ♪ロ〜ンドンば〜し落ちた〜落ちた〜落ちた〜♪のロンドンブリッジの近くに架かる橋。タワーブリッジは、すぐ近くのロンドン塔と調和するゴシック式外観に仕上げられた美しい跳ね橋だ。

 塔の"中"を通り、上の方に架かる通路を通って反対側に行くこともできる。下の跳ね橋部分が上がっている間、通行人を反対側に渡すためのものだったが、通る人が少ないために閉鎖されたことがある。多くの人は、急いで向こう側にわたるより、下で待って跳ね橋の上がり下がりを見る方を好んだからだ。

 南塔の入り口から、博物館、Tower Bridge Experienceに行ってみても良い。この橋の形に決まるまで、いろんなアイデアが出された。ひょっとしたら、「ロンドンの顔」も、今とは随分違う形になっていたかもしれない。1976年まで、水力で橋を動かしていた蒸気機関なども見られる。現在の動力は、油圧と電気モーターに変わっている。

 そもそもこの橋は、当時活発だった水運貨物の増大と迅速な流通のために1894年に完成した。それまでは冒頭のロンドン橋がテムズ川の最も下流に架かる橋だった。19世紀、ロンドンが発展するにつれ、ロンドン橋から上流にいくつかの橋が架けられた。ロンドン橋から下流が港だ。ところが船着き場に一番近いロンドン橋は、ますます渋滞し、往来が激しくなり、本当に"落ちた"りしないよう、その下流に架ける橋がどうしても必要になった。

 そこで「船の通行を妨げずに、馬車や人も通る」ことができる橋を、ということで今のような形になった。近年では橋を上げて船を通す機会はすっかり減ってしまったが、それでも当時のロンドンの様子を思い起こさせる記念碑であることに違いはない。

タワーブリッジ(PC用画像)タワーブリッジの夜景1タワーブリッジの夜景2


英国への旅リンクはこちら 

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales