イギリスでのバレンタインデーのプレゼント

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)年中行事>バレンタインデー

日本とイギリスでは、似ているけどどこか違っている風習も多い。

バレンタインデーの風習もその一つだ。

日本では、バレンタインデーといえば、女性から男性へチョコレートを渡すというのが定番だが、イギリスでは、男性の方から女性にプレゼントを贈る。

ばらの花束などを渡すのが一般的だ。

さらに違う点は、ホワイトデーがないこと。

日本人的「お返し」の発想から生み出されたホワイトデーはイギリスにはない。

イギリス人女性は、ばらの花束をもらうが、お返しをする必要はないのだ。


というわけで、バレンタインデー直前になると、イギリスでは男性が花屋の軒先でばらを買い求めることになる。

日本で、お店に並んだチョコレートの山を女性が品定めするような感じ。

日持ちするチョコレートと違って、バレンタインデー直前か、当日買わないといけない。

私は、仕事帰りの時間が遅かったので、街角の新聞店(ニュースエージェント)や、コンビニで買うことが多かった。


結婚している男性は、必ず奥さんに花を贈る。

カードには、「愛する妻へ。夫より」といったようなことを書く。


これが、未婚の男性になると、「愛するxxさんへ。ご存じより」という風に匿名で花を贈るのだ。

もらった女性は「誰からかしら」と思いをめぐらすことになる。

花束を受け取って、誰からだろう?ってどきどきする。

バレンタインデーは一度で二度楽しめるわけ。

一方、男性は買うのも渡すのも工夫が必要で、なかなか大変だ。


日本社会には義理チョコというものがあるが、イギリスの職場でも自薦、他薦を問わず”職場の華”には、ばらはともかくカードは渡す。


男性は、ひとことふたこと、気の利いたセリフをカードに書いて女性に渡す。

女性は、まるでクリスマスカードを並べるように、もらったバレンタインカードを机に並べる。


同性愛に寛容なイギリスでは、男性でもバレンタインデーにばらを受け取ることがあるそうだ(送り手、受け手とも男性)。

万一、そんなことになった場合、あなたにその気がなければ、自分の背後への注意を怠ってはいけない。


バレンタインデーのカードやプレゼントは→花とギフトのリンク集

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales