日本食のバン

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)衣・食・住>日本食のバン

 ウェールズの首都、カーディフといえども、センズベリー、セーフウェイなど現地のスーパーで、日本と全く同じように食材が手に入るわけではない。それでも工夫次第では、かなりのところまで行ける。英国で和食で暮らすヒントは別に書いた通りだ。

 少しでも日本の食材に近づけたいという希望を、リーズナブルなコストで実現するには、ロンドンから週に一回やってくる、日本食販売のバンを利用すると良い。私がいたころは、日本人補習校に来ていたが、"売り場"やスケジュールは、たびたび変更になる。先に住んでいる日本人から最新情報を入手すると良いだろう。

 運転手兼店主は日本人ではないので、日本語で買えるというわけではないが、まあ、見た通りのものだし、置いてあるもの以外は買いたくても買えないので、無言でもOK。

 荷台にところ狭しと並んでいる食材は、お米(カリフォルニア米が多い)、冷凍食品、冷蔵食品、冷凍食材(魚介類や野菜)、うどんやそば、即席麺、納豆やかまぼこなどの加工食品、調味料、お茶やお菓子まで及び広範囲だ。生野菜、鮮魚など、なまものは置いていない。

 原則、一カテゴリーに一品種しかないので、「うどんは絶対に○○屋の麺!」とこだわりのある人には不満も残るだろうが、それは期待のしすぎというものだ。英国人は粗食でも不満をいわないことを美徳とする。日本人にだって「武士は食わねど・・・」の精神がある。

 食事で贅沢をいいたいのなら、そもそも英国に住んではいけない。

VAN.(PC用画像)

バンの内部。右手、蓋があるのは冷蔵・冷凍庫、棚には缶詰などの加工食品。奥の床にはお米、左手のケースにはお菓子類、床には各種調味料が並ぶ。


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales