「とりあえずビール」とはいわないで

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)パブ>とりあえずビールとは言わないで

 日本の宴会で、「ビール銘柄あてクイズ」というのがあった。すでにかなりアルコールが入っていたこともあって、日ごろは「自称ビール通」の私も、散々な結果にすっかり自信を無くしてしまった。

 本当に味の差が分かるかどうかは別にして、多くの日本人は自分の好みの銘柄がある。ビール大好きな英国人ならなおさらだ。英国のビールは、日本でもおなじみのラガービールと、褐色がかったビタービールとに大きく二分される。全国的銘柄の他に、そこでしか飲めないメーカーのものも多い。

 特に長期保存ができないビタービールは、自然にその地方色が強くなる。また冷やさずに飲むので、味の差が分かりやすい。ビールといえばギンギンに冷やさないと気が済まない日本人とは対象的だ(だからどのメーカーのビールも区別がつかなくなるんだろうか?)。

 カーディフでもよく飲まれる銘柄のビールがある。酸味のあるもの、コクのあるものなど、味はさまざまだ。中には「ざらざらとした喉ごし」など、日本人には理解しがたい味もある。

 話しが飛ぶが、あるビールメーカーを訪問した際に、ビールを初めて飲んだ日本人の「感想」が記録に残っていて、「ただ口ににがく、なんのあじわひもなし。」とあった。とことん飲んでみないと良さがわからない飲み物のようだ。

 話しを戻して、カーディフでよく飲んだ銘柄を紹介しよう。一つはハンコックのHB。エールビールだ。HBと書いて「ヘイチ・ビー」と読む。決して「エイチビー」ではない。よく飲むわりに、このHBが何の略かを知っている人は少ない。そういえば私も知らない。

 カーディフを代表するブリュワリーのブレインズには、ビター、ダークのほかに、SAという銘柄もある。SAの本当の意味は"スペシャル・エール"らしいのだが、広く信じられている説の一つに「スカラ・アタック」というものがある。「ノウミソ・直撃」というところか。


ウェールズのウィスキーはここ、 イギリスのビールはここから

ケイタイ向け

mうぇーるず屋

PC向け広告

英国商品リンクうぇーるず屋


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales