ウィンク

イギリス(PC)>エッセイ(携帯)人間関係>ウィンク

相田さん、鈴木さんの話ではない。

 日本語の「めくばせ」同様、相手にシグナルを送ることだが、伝えるニュアンスは少し違うことがある。特に異性間でウィンクする時、日本では特別な意味を持つことがあるが、イギリスでは挨拶の延長ぐらいの意味しかない。

 イギリスでするウィンクに、日本と同じような意味を持たせることもできる。ちょっと大袈裟にすると良い。簡単なので次の文章に従い、実際に表情を作ってみて欲しい。

1. 唇の左についたご飯粒を舌で取るイメージで舌をぐいっと横に出す。

2. 目にゴミが入ったのをイメージして、強く左の瞼を閉じる。

3 .1、2のまま「あ〜、わかった」と言う時のように、2、3回首を大きく上下に振る。「あ〜ん」と声を出しながらやると更に良い。

 言い忘れましたが、周りに人がいないことを確かめてからやりましょう。友達が減る場合があります。

 もっとも、これは、「あいつ彼女に、こーんな事してたぜ」という時の説明に使うようで、イギリス人が実際に異性に対しこんな表情でウィンクしているのを見たことはない。

 目は口ほどに物を言い、の言葉を出すまでもなく、目を使ったコミュニケーションには言葉を超える物がある。昔バンドをやっていた時、メンバーとアイコンタクトでリズムを取り合ったり、「あ、今間違った!」などいろんな事を伝えることができた。目が合う、と言うように、少し遠くにいる人とでも、自分の視線と合っているか少しでもずれているかが即座に分かってしまうから不思議だ。きっと言葉を話すよりも前から、人間は目をコミュニケーションのツールとして使っていたのだろう。

 イギリスでは挨拶の一つなので、同性の場合でもウィンクすることがある。

 2、3日前、その話をしたら、「前田さん、それって誘惑されてたんじゃないですか?」と言われた。

 気付かなかったけれど、ひょっとしてそうだったのかしら??


イギリスウェールズ目次に戻る KeriMaedaWales