2000年5月8日(国税調査官)
業種
所得
指摘事項
対象
理容業
個人事業
リース契約
所得税


減価償却資産のリース契約



近年、動産(減価償却資産)のリース契約が増加しています。一口にリースと言っても様々な契約があります。税法では、一定の要件が満たされていない場合、リース契約と取扱われなくなります。では、税法では、どのような要件を満たすとリース契約として取り扱われるのでしょうか。

ここでは、実際の税務調査の事例を紹介するのでなく、リース契約について簡単に説明します。




リース取引に係る所得の計算

  1. 売買とされるリース取引
  2. 金銭の貸借とされるリース取引
  3. リース取引の意義




税務処理索引のページ