俳画の看板を掲げましたが、コンピュータ・グラフィックス(CG)やCGと
写真を合成しそれに俳句を添えた代物ですから、まあ、CG俳画なので
あります。「わび」「さび」にはほど遠いのですが、そのうちに芭蕉さんも膝
を打つ作品をものしたいと考えておりますから、気長に見てやって下さい。

このページの背景テクスチャーは「俳句C その2」です