流通の本

             

                    LAST UPDATE: Thursday, December 16, 2010


ビジュアル 流通の基本 
                       よくわかる流通業界                           

◆『流通の基本』では,“流通のいまとこれから”を81のキーワードで図解


         

なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?―鈴木敏文の「不況に勝つ仕事術」40                       鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)          鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く         
ピンチをチャンスに変える逆転の発想―なぜおいしいものほど飽きるのか。消費飽和時代に勝つマーケティング―なぜ同じ温度でも感じ方が違うか。思わず買ってしまうビジネス心理学―

周囲の猛反対を受けながらも未知の分野でプロジェクトを立ち上げ、今日に至るまでの繁栄の基盤をつくった鈴木敏文の「原点」とは何か。セブン-イレブン大躍進の基盤となった「商売の奥義」を明らかにする!
鈴木敏文氏が指摘する数々の「本当のようなウソ」を氏の語る「75の真実」として紹介。商品の完売は喜ぶべきことか? 挑戦を始めたら寝食を忘れてのめり込むべきか? さて、これらは本当のようなウソ? それとも真実?


ユニクロvsしまむら―専門店2大巨頭圧勝の方程式
  
                      なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション                           
なぜ、この2社だけがこんなに強いのか? かたや単品大量販売のSPA、かたや多品種少量の仕入れ型。経営スタイルは対極、でもどこか似ている「ユニクロ」と「しまむら」の魅力を大解明する。

大規模店出店、新機軸のヒット商品、海外展開、M&A…世界的不況で消費が冷え込む中なぜユニクロが一人元気なのか。世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション。







    

無印良品の「改革」―なぜ無印良品は蘇ったのか
  
                                                         
創業20周年を迎えた2000年ごろ、一度はその「成長神話」が崩れた無印良品。その後、過去最高益へとV字回復を可能にした「変革プロジェクト」とは? 会社を「改革」するヒントがいっぱい!





     

 ビームス戦略―時代の変化を常に先取りするマーケティングとは 
                                                         

盛衰の激しいファッション業界で、常に時代の変化に対応し、売上を拡大してきたビームス。そのマーケティング戦略とはいかなるものか。



         

一店逸品運動実践ガイド
                                                         
商店街や共同店舗のそれぞれの店が、お客様に自信をもっておすすめできる商品を積極的に展開していく「一店逸品運動」。実りある逸品運動展開に向けての事例を豊富に紹介する。


             
    

           



    
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
       ・      ・         ・

       

    

       



         【】  | 流通講座トップページへ】  【ホームへ】