5タラントニュース 2006年12月号(No3)




1ヶ月が過ぎて  小堀俊二

 これを書いている時点(11月の始め)で新事業になり1ヶ月が過ぎました。その感想を書きます。
 すぐに気付いたことは送迎が家庭までになったことによる安心感です。ご家族と書面では無く会話で話せるからです。もちろん利用者の負担もかなり減っていると思います。
 心配した長い移動時間による利用者の疲労は殆ど気になりません。ファミリーカーとは言え最新型は静かで乗り心地が良く、車にも助けられていると思います。
 屋外の活動が多いのでやはり天候が毎日気になりますが、頭を少し捻れば数時間過ごすくらいの場所はすぐに見つかります。これからクリスマスシーズンになったらウインドショッピングを楽しもうと思っています。
 残念なのは、指導者が私一人なので、これまで積み上げてきた音楽と絵画や学習を混ぜ合わせたプログラムがどうしても出来ないことです。ちょっと勿体無い感じもしますが、時が来たならアシスタントが備えられると思うので、その時までは一人で修行していようと思います。



12月の予定

特に行事はありません。
備考:12月は28日(木)まで行い、1月の第一週を冬休みにします。新年は9日(火曜日)からです。



5タラントの会

誰も乗り遅れないバス