5タラントニュース 2007年7月号(No10)




修行はこれから  小堀俊二

 最近、公園で野宿をしている方と知り合いになりました。一週間に一度、訪問しています。
 お話しを聴かせて頂きながら、援助者としての自分に気付かされることがあります。ご本人をその意思とは関係なく、私自分が安心できる方向へと誘導したくなるのです。援助職の仕事は、ありのままを受け入れることだと頭では分かっているつもりでしたが、まだまだ身にはついていないのです。
 長い間の福祉施設勤務を終えて、どこか解放された実感を持っていたのですが、これまでの勉強を身体に叩き込む鍛練は、これからのことなのだと帯を締め直す気持ちです。



7月の予定

22日(日曜日)戸塚教会礼拝出席(翌日代休)



5タラントの会

誰も乗り遅れないバス