5タラントニュース 2008年1月号(No16)




最善の捧げもの   小堀俊二

 聖書には、神様に最も良い物を捧げなさいと書かれています。私達は何を捧げるべきでしょうか。勿論、現代の私達に生け贄の動物を求められているのではありません。
 良い行いでしょうか、深い悔い改めでしょうか、神をほめたたえる歌でしょうか。
 私は人それぞれが、神様から与えられている使命を最優先にすることだと思います。我が身を振り返るなら、信仰に怠惰な私が罪の誘惑の中を歩んだ人生です。一体どれだけ信仰を後回しにしたことでしょう。
 どんな形にしろ、信仰を最優先にしたならば、その歩みこそが最善の捧げものではないだろうかと、私は思います。



1月の予定

7日 3学期始業式
20日 戸塚教会礼拝出席(翌日代休)



5タラントの会

誰も乗り遅れないバス