5タラントニュース 2009年9月号(No36)




富と感受性   小堀俊二

 景気回復と声高に叫ばれますが、私は逆だと思います。何でもお金、勝ち組と負け組、個人主義、もうそろそろ懲りるべきです。
 私が足の具合が悪く杖をついていたとき、一番心配してくれたのは、週に一回訪問している野宿者です。自分だって身体は悪いのに、しきりに私のことを訊いてくれました。
 日本はもっともっと貧しくなれば良いと思います。皆が貧しく、痛み、叫びを共有するなら、心は今の百倍豊かだと思うからです。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133