5タラントニュース 2009年12月号(No39)




ダビデが祈りソロモンが建てた   小堀俊二

 エルサレムの神殿はダビデ王が建てようとしましたが、神様は彼の罪の故に赦さず、その子ソロモンにより建築は行われました。
 実はこの場面は聖書の中で二箇所に書かれており、その片方ではダビデ王がより積極的に資材を準備をしたと書かれています。恐らくダビデ王をより英雄視する意図があったのではないかと思いますが、私は、一つの目的に対して二人の王が働いたこと、つまり、神を中心とした世代交代が行われたことが心に残るのです。
 旧約聖書の主人公であるイスラエル「民族」を、神は「計画」に従って導きました。このことは、個人的信仰に限られがちな私たちに対する大きなメッセージであるように思います。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133