5タラントの会 2009年度事業報告

2010年3月作成
作成者 小堀俊二

 活動の概要
 前年度に引き続き、デイサービスに宿泊を加えたグループホームのような活動となりました。現在は3名での活動で、活動場所は公園などの屋外から拠点中心へと変化しました。また年度後半より家庭からの要望により活動の日数を週に4日から5日に変更し、長期間の宿泊なども行いました。

 目標と取り組み
 あるがままを受け入れつつ美しい音楽演奏をする、という目標を掲げてきましたが、指導というより実生活を成立させるための支援が活動の中心になり、目標自体をあまり意識しませんでした。また、指導方法の向上を目指すより、目標を低く設定する方が妥当であるような気もしてきました。利用者にとっても指導者にとっても、無理なものは無理だからです。
 次年度は、やや消極的になった学事をもう一度見直したいと思います。「5タラントの会ならではの学び」を追い求めることが、利用者の為は勿論のこと、地域の社会資源として重要だと思うからです。

 一日の流れ
 午前は、起床後、朝食、歯磨き、朝の会、日替わりの授業、昼食、歯磨きを行い、昼休みを挟み、午後は、散歩、入浴、夕食、歯磨き、終わりの会を行っています。概ね午前8時半から午後4時半の活動です。

 学事
 一日に30分から1時間弱の授業を行っています。従来どおり、絵画や音楽、週に一度の聖書のメッセージを、また二ヶ月に一度は教会の礼拝にて音楽演奏を行いました。野宿者や病気療養中の方の訪問なども行いました。

 食事
 これまで昼食はファーストフード店で昼食をとることが殆どでしたが、人数が減ったことや長期の宿泊が行われたことをきっかけとして拠点にてサンドイッチなどの簡単な昼食をとることが殆どとなりました。また、体重の変化に気をつけて、食事の量を調整しました。

 リスクマネジメント
 該当する事例はありませんでした。

 おわりに
 ご家庭の要望に応えることを通じ、事業者として新たな経験をすることができました。利用者から頼られたことを心より感謝し、またこれからもそのような存在であり続けることを目指したいと思います。

 謝辞
 以下の方々に感謝いたします。
・ボランティアの方々 ・寄付を戴いた方々 ・礼拝にて演奏させてくれた日本キリスト教団戸塚教会 ・私達の活動の為にお祈りをしてくれた方々

5タラントの会