5タラントの会 2010年度事業報告

2010年3月作成  作成者 小堀俊二

 活動の概要と今後の目標

 今年度は、私たち独自の勉強のスタイルを模索することを目標としていたのですが、その試行錯誤すら行えませんでした。新しいアイディアが思い浮かばなかったことに加え、事業者の家庭の事情から事業所を使いづらくなった時期があったり、利用者の入院もあるなど、与えられた条件の範囲でその日を過ごすことが精一杯でした。逆に、屋外での演奏の新鮮さを思い出したり、同じ内容の繰り返しになりがちの作文に肯定的な意味を見出すなど、事業者としての気付きもありました。
 それらを通じ、やはり私たちは小規模であることによる融通性、音楽、それらを支えるキリスト教信仰、この3つが柱であると思いました。次年度はこれを確かめるような気持ちで、一年を過ごしたいと思います。

 学事

 一日に30分から1時間弱の授業を行っています。従来どおり、絵画や音楽、週に一度の聖書のメッセージを、また二ヶ月に一度は教会の礼拝にて音楽演奏を行いました。その他、散歩や買い物なども行いました。

 特記事項 リスクマネジメント(事故を防ぐ対応)について。

 今年度は多くの事例があり、一歩間違えば大事故に繋がるものもありました。事業者の気の緩みによるものについては強く自らを戒めるとともに、施錠管理できる棚を設けるなど設備面の整備も行いました。今後も、可能な限り事故を予防するとともに、起きてしまった事例を隠さずに公開する姿勢を保とうと思います。

 謝辞

 以下の方々に感謝いたします。
・ボランティアの方々 ・寄付を戴いた方々 ・礼拝にて演奏させてくれた日本キリスト教団戸塚教会 ・私達の活動の為にお祈りをしてくれた方々

5タラントの会