5タラントニュース 2011年2月号(No53)




娘の病気を通じて感じたこと   小堀俊二

 5タラントの利用者でもある私の娘が入院、手術を受けました。
 医師から大掛かりな治療が必要であると知らされた私は、価値観が一変しました。一言で言えば「生きているだけで文句なし」です。白黒になった視野に、今までのありふれた活動、ドライブしたり公園でお弁当を食べたり、それらが海に照らされる太陽のようにきらきらと輝きながら思い浮かびました。
 皆で仲良く生きていれば、それだけで何も要りません。その他はこだわる価値はありません。
 娘は順調に回復しています。再び、一瞬一瞬を大切にしながら歩んで行こうと思います。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133