5タラントニュース 2011年6月号(No57)




心の内側をたわしで擦られる感覚   小堀俊二

 ある日の午後、車の中から下校中の中学生が目にとまりました。小柄な彼は独特な姿勢からすぐにダウン症だと分かりました。
 雨上がりでたたんだ傘を何度も確かめ、納得してから歩き始めたその自信に満ちた様子。私は、暖かく柔らかな気持ちと、切なさが混じった、何とも表現できない気持ちになりました。
 何人ものダウン症の利用者との関わりの記憶からでしょうか、それとも、どこか「これで良い」という確信に満ちたような姿への憧れでしょうか。それから何日経ってもその光景が頭から離れません。



5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133